akayak38 blog

直腸がんステージⅠ術後2年生、自閉症(小学2年生)育児パパ6年生

スポンサーリンク

アリの観察をしよう4

 

f:id:akayak38:20170815210614j:plain

子どもはなぜかアリが大好きです。
そんな子どものために7/22から始めた、アリ観察キットによるアリさん観察。
今ではすっかり父が一番興味津々!
(何だかアリ観察ブログみたいになってきましたが)

最初は順調、、、しかしなかなか進展がなく日々だけが過ぎていく..

時系列

自分でも少し分からなくなってきたので時系列を簡単にまとめてみました。

7/22(土)アリさん観察スタート 10匹
 (ありの観察をしようありの観察をしよう2
7/29(土)アリさん8匹になったので同じ巣穴の3匹を新たに追加 11匹
8/5(土)アリさんの故郷の巣穴がなくなっていることを発見。
 つまり今後の補充がもうできない!
 (ありの観察をしよう3
8/10(木)アリさんが9匹となる...
8/15(火)本日に至る

縦穴5つの配置

前回のエントリで5つの縦穴にしたと書きました。
5つの縦穴、写真だけでは分かりずらいところがあるので、上からの見取り図を作ってみました。
フタを取って写真を撮ることができればよいのですが、フタを開けるとアリさん全員活性化して脱走して大変なことに、、、穴を開けるのも大変なのです。

このケース、横幅は155㎜、奥行きは20㎜です。
だいたい左右対称にこのような配置で縦穴を掘っています。
中央の穴がある方を裏面、2個ある方を表面としています。
(上側↑が裏面、下側↓が表面)

f:id:akayak38:20170815201959p:plain

続きを読む

アリの観察をしよう3

f:id:akayak38:20170805134917j:plain

子どもはなぜかアリが大好きです。
そんな子どものために7/22から始めた、アリ観察キットによるアリさん観察。
(そしてなぜか子どもよりアリ好きになったかもしれません!)
出だしは順調、ノリノリでした。
akayak38.hatenablog.com

akayak38.hatenablog.com

掘り始めはよかったものの、、、!?

説明書を読んでみると、巣を作り始めるまで1時間~3週間かかるという。
長期戦も覚悟したものの、初日の午後すぎくらいから掘り始めて、出だしは順調そのもの。

が、、

続きを読む

アリの観察をしよう2

f:id:akayak38:20170725205120j:plain

子どもはなぜかアリが大好きです。
そんな子どものために土曜日から始めた、アリ観察キットによるアリさん観察。 akayak38.hatenablog.com

さっそく掘り出す!

説明書を読んでみると、巣を作り始めるまで1時間~3週間かかるという。
範囲ひろっっ!

これは気長に待つしかないのか、、、と思いつつたまにちょいちょい見ていると(←いつだって気になる)、なんと初日の午後すぎくらいから掘り出しました! 

続きを読む

アリの観察をしよう

f:id:akayak38:20170722135610j:plain

子どもはなぜかアリが大好きです。小学校に登校してもまず下駄箱付近でアリを探すのが日課のようです。自閉症によるこだわりからくるのか、単に虫好きの男の子の特性なのかは分かりませんが。

そんなアリ大好きの子どものために、アリ観察を始めてみました。
アリといっても最近有名なヒアリじゃないです。その辺でよく見かけるアリさんです。クロヤマアリになるのかな?

アリ観察キットの準備

という訳でまずはアリ観察キットの準備です。
今回購入したのはゲルタイプ。働きアリばかり10匹を入れて、巣を作っていく様子を観察するタイプのものです。シースルーのところが一番の売り。ゲル自体に水分と栄養があるそうなのでたまに空気の入れ替えをすればいいだけで手軽。

とはいえ、ゲルの調整はなかなか難しそう。レビューを見ても、ゲル調整に失敗している人の評価は低い感じだった(そりゃそうだよね)。これは子どもには危ないし難しそうだなということで、夜の間に作っておいた。ゲルが固まるまで時間もかかるし。

続きを読む

0歳からの資産運用(経過)

f:id:akayak38:20170717133359j:plain

子どもの資産運用

詳細は先日の記事に書きましたが、子どもが生まれた翌月にネット証券を開設しました。開設後すぐに月々5千円の積み立てを開始。

内容としてはこの7年間、ブレずに以下のイーマクシスシリーズの3本を。

eMAXIS TOPIXインデックス    1000円積立/月
eMAXIS 先進国株式インデックス  3000円積立/月
eMAXIS 新興国株式インデックス  1000円積立/月
(途中、リバランスのつもりで割合を変えて購入していた時期もありましたが)

狙いのアセットアロケーション(資産配分)としてはこのような感じです。
今のところ大体これに近いところにあるのでは。
日本株式  20%
・先進国株式 60%
新興国株式 20%
※あくまでも私の好きな配分です。投資判断は自己責任です。

 

いまや信託報酬の低いインデックス投信がとても増えましたが、、、(イーマクシススリムなんていいですね。。。いつか統合してくれないかな?)、売却すると今の含み益が20%課税されてしまうので売却→他の投信に乗り換え、はやりたくないし、かといって投信の本数を増やすと集計がめんどくさくなるので、結局このままです。

子どもの資産運用の経過

現在小学校2年生。7歳5か月。

0歳1か月から月々5,000円を積み立て、今月で89か月経過したことになります。元本は445,000円となりました。

この間を振り返ってみます。

2010年は欧州ソブリン危機(通称ユーロ危機)ということで、2009年のギリシアショックに始まり、2010年のスペイン、ポルトガルと次々に債務危機になってました。PIGS(ピッグス)という単語がよく出てきた時期だったのでは。その都度世界的に株安に。

2011年になると日本では東日本大震災、アメリカでは米国債務上限引き上げ問題などで株価低迷が2012年にかけても長く続いた感じでした。

完全に風向きが変わったのアベノミクスの始まり。2012年11月の衆議院解散あたりからですね。グラフで見てもそこから翌2013年5月のバーナンキショックまでにかけて見事な急上昇を描いています。何を買っても騰がるという非常に恵まれた時期でした。でもこのスパンで見ると、その後もよく騰がっていたのですね。

次の急落は2015年8月ごろのチャイナショック。中華人民銀行による人民元の実質的な大幅切り下げ。翌2016年1月の急落も中国でした。中国発の株安が再び世界に連鎖した形でした。おかげで2016年は停滞の1年、、、と思いきや、世界株を救ったのはなんとトランプさんでしたね。2016年11月頃にはじまり、今もトランプラリーは継続中と見受けられます。

が、これはあくまで今の評価額でしかない点が最も重要と考えます。

将来プラスの保証などどこにもなく、将来どうなるかなど誰にも分からないからです。半年後は○○ショックで評価益も吹き飛び、マイナス圏に入っているかもしれないのです。

なので、これからも愚直に積み立てを続けていくのみです。世間が好況であろうとなかろうと。

 

なお、私自身が投信の積み立てを始めたのは2007年末だったのでもうじき10年になります(翌2008年12月より個人型確定拠出年金、今でいうiDeCo、の積み立て開始)。
リーマンショックが2008年9月だったので積み立てを始めて間もなくの頃でした。
当時はアセットアロケーション(資産配分)も定まっておらず、新興国株式の比率も多かったと思います。そんな中の大暴落だったので私にとって幸いだったかもしれません。リスク許容度の考え方に関してとても勉強になりました。実体験が何より勉強になります。

 

推移

これまでの投資元本・評価額・損益率をグラフにするとこんな感じとなります。

f:id:akayak38:20170717132511p:plain