読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニンジンジュース

 

f:id:akayak38:20170430164525j:plain

ニンジンジュース生活の始まり

2015年4月6日のがん告知を受けて、それまで知識のなかった大腸がんの情報をいろいろ調べていくうち、この本の存在を見つけました。

今あるがんに勝つジュース

今あるがんに勝つジュース

 

 以前より野菜不足は認識していたので、大腸がんとなった今、これから野菜不足だけは何とかせんとあかん、と強く思ったので。

最初に購入したジューサーはシャープのヘルシオスロージューサー。当時はあまり機種をあれこれ検索する時間がなかったので...そしてがん告知の翌週よりニンジンジュース生活を始めるに至ります。
(2017年3月からは途中からこれにずっと換えたかった、ヒューロムスロージューサーH-AAを使用。)

結局のところ、ステージがⅠだったで、今では1日600mLくらいといったところでしょうか。この本でいうところの、がん予防目的の量です。

レシピは本を参考に、最初のころはニンジン2~3本、リンゴ2個、レモン2個、キャベツ400gくらい(1/4)、小松菜150gくらい、グレープフルーツ1/2、あとピーマンとかトマトを入れたり入れなかったり、といった感じだったが、キャベツが多いと苦味とからみが出すぎて美味しくない!ので、キャベツは少量になりました。

最近はリンゴ1個、ニンジン1.5~2本(400g前後)、レモン1個、キャベツ150g程度、は固定で、グレープフルーツ1/2個or美生柑1個(要はグレープフルーツ系)、オレンジorいよかんor甘夏を1個(この系統)、ミニトマト数個、といった感じです。季節の果物を取り入れつつ楽しみながらやっています。オレンジ系統は入れるととても美味しくなることに気づいてから定番化しています。あと半年前からは青汁も1袋入れたりしています(笑)これで800mL強ができます。200mLは嫁さんが飲みます。(ヒューロムスロージューサーH-AAにしてから採れる量が増えました。)

ニンジン、レモンは毎日大量に使うので、より安全で良いものを、ということでニンジンジュース生活を始めた翌月である、2015年5月よりピカイチ野菜くんを利用するようになりました。

ピカイチ野菜くん 楽天市場店

無農薬でまさにゲルソン療法といったニンジンジュースのためのニンジン・レモンです。私はいつも、にんじん5㎏+レモン2㎏を月2回発送で注文するので、到着直後は冷蔵庫の野菜室がパンパンになります。ちなみに価格はこのセットで通常便の季節8,917円、クール便季節(4~10月)9,384円、といった感じです。(1回の量を減らして配送回数増やすと高くなります)

 

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村