akayak38 blog

直腸がんステージⅠ術後2年生、自閉症(小学2年生)育児パパ6年生

スポンサーリンク

ストラテラ4週間経過

f:id:akayak38:20170604160223j:plain

発達障害の子どもの話です。
6月2日(金)より、ストラテラを飲み始めて4週間が経ちました(内服液0.4%)。
早いものでもう1か月。
通院は1週間後、2週間後、とんで4週間後でした。親だけの問診ですが今回は子供と行きました(同時刻に嫁さんは歯医者なので~)。
近況の様子を伝えるのと、続きのストラテラを処方してもらうのと。

ストラテラを飲み始めました。でも書きましたが、ストラテラを始めることにしたのは学校の授業での集中力が出るように(より長い時間持続できるように)するためです。
今のところ一定の効果が出ているものと感じます。

ストラテラ

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の症状を改善するために処方される薬。
カプセルもありますが錠剤すらも飲めない子なので液の方を選択。

ストラテラの飲み方

飲み始めから徐々に量を増やして適切な服薬量に増やしていく薬。
1日2回、朝と夕の食後に飲んでいます。

〇最初の1週間(6月2日~9日)

第一段階として0.125mL/㎏/日(ストラテラ内服液0.4%)、一日2.8mL(朝夕それぞれ1.4mL)を付属のピペットで正確に量りとって飲む。
(体重22㎏と思っていましたが、実際は24㎏だった..)

〇2週目(6月10日~16日)

第二段階に。第二段階は0.2mL/㎏/日。一日4.8mLに(朝夕それぞれ2.4mL)

最初のころはそのままで全部飲んでくれてよい感じでしたが、すぐにあまり飲んでくれなくなりました。半分はそのまま飲んで、残りはココアを混ぜて何とか飲んでくれる感じ。が、次第にココアを混ぜても残すように、、、

〇3~4週目(6月17日~30日)

第二段階継続。朝夕それぞれ2.4mL

ココアを混ぜてもほぼ飲んでくれなくなってきたので、ココア作戦終了。
そのままで半分は飲んでもらい、残りはポカリを同じコップに足しながら飲んでもらうことに(日頃からポカリをよく飲む子なので)。これが意外とよく、多少残す分もあるが全体として薬もよく飲めている。

ストラテラの副作用

重大な副作用
・肝機能障害、黄疸、肝不全、アナフィラキシー
副作用
・頭痛、食欲低下、眠気、腹痛、体重減少、吐き気

副作用は引き続きなさそうです。寝つきが少し悪くなった?!くらい。

 

効き目の方といいますと、飲み始めてすぐに効くという薬ではないそうですが、飲み始めの頃より学校の先生からは、落ち着きが出てきて、集中する時間も長くなってきた、との報告がありました。他にも目が合うことが多くなったとか、会話の受け答えも続くようになったとか。実感としても、薬の効果と思える改善を感じています。

近頃は初期の効果が顕著だった半面、あまり変化もなくなってきた感があったので(悪くはなってない)、先生と話した結果、第三段階(0.3mL/㎏/日。一日7.2mL)の手前の量となるのですが、一日6.0mL(朝夕それぞれ3.0mL)に増やしてみることにしました。
少し量を増やして様子を見てみよう、ということで。
次回の通院は3週間後の22日(土)。

ストラテラの最終段階の量(維持量)は、0.3~0.45mL/㎏/日。一日あたり7.2~10.8mLですが、先生に聞くと「あまりこの数字にとらわれなくてもいいですよ」とのこと。人に合わせて考えていけばいい、ということみたい。なるほど。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

広告を非表示にする