akayak38 blog

直腸がんステージⅠ術後2年生、自閉症(小学2年生)育児パパ6年生

スポンサーリンク

私はなぜ38歳で直腸がんになったのだろう

f:id:akayak38:20170531211832j:plain

答えのない問いではあるが、
なぜ、38歳という年齢で直腸がんになったのか考えてみた。

そもそも直腸がんが見つかったのは、毎年の会社の健康診断の便潜血検査で陽性となり、すぐに精密検査として大腸内視鏡検査を行ったため。
当時、自覚症状と呼ばれるようなもの(血液や粘液が混ざった便や下血、もしくは細い形の便が出たり、便秘や下痢を繰り返すなどといった直腸がんでありそうな症状)は全くなかった。
やはりステージⅠで自覚症状が出ることはほどんどないといえる。

akayak38.hatenablog.com

 考察してみたこと

①大腸がんの遺伝的要素
大腸がんは遺伝的要素がある場合もあるといいます。が、私の近親者をみても、大腸がんになった人は見当たらず、遺伝的要素はあまりないものと思っています。
なので、むしろ大腸には自信(過信?)があったとも言えます。

②運動不足
運動によって、結腸がんのリスクは確実に下がるそうです(下記表参照)。直腸ではなく結腸ですが。
私の場合、運動不足は間違いなく該当します。
が、運動不足だけが理由なら世の中大腸がんだらけですよね...

③食生活(下記表参照)
たばこは吸いません。アルコールは日常的には少ない方です。
肥満はなく、むしろ痩せすぎです。
野菜・果物は少ないのでここは反省です。ソーセージ・ベーコンなど加工肉は割と好きで食べる頻度も多かったかもしれません。

結局、運動不足に野菜・果物が少ない、そして加工肉が多め、、、これくらいしか原因として当てはまるものはなさそうなのだが。。

④がんの発生
話は少し変わりますが、入院中だったか術後の通院だったか、先生に私のがんのタイプはポリープ型かデノボ型か聞いてみたことがあります。
先生としてはデノボじゃないかな、と。
さらに、年齢が若めなので進行も早かっただろうとのこと。ゆえにさらに一年前の便潜血検査に引っかかることはまずなかった(その時はまだほとんど成長していなかった?)だろう、と。
そう聞くと、2015年の便潜血検査で引っかかってくれたこと、そしてすぐに大腸内視鏡の検査を行ってがんが発見できたこと、このことは私にとって非常に幸いだったのだなと思う。

大腸がんの発生機序
大腸癌は大腸粘膜の細胞から発生します。
・もともとは正常な細胞も,何らかの原因で癌細胞に変身します。
・変身した細胞が何兆という数に増えて,大腸癌として目に見えるようになります。
大腸癌の発生には2つの経路があると考えられています。
1つは良性のポリープ(腺腫)が癌になる経路です(図6上)。
・良性の腺腫(adenoma)が発癌刺激を受けて癌(carcinoma)化するもので,adenoma-carcinoma sequence(腺腫-癌連関)と呼ばれます。
・さらに近年,平坦・陥凹型腺腫の癌化も注目されています。
もう一つは正常粘膜が発癌刺激を受けて直接癌が発生する経路です(図6下)。
・この癌はデノボ癌(de novo 癌)と呼ばれます(de novo とは初めから,あらたに,という意味のラテン語)。

 図6.大腸癌の発生
図6.大腸癌の発生

Minds医療情報サービスより一部抜粋

 

表2a 生活習慣とがんの関連*

関連の強さ リスクを下げるもの リスクを上げるもの
要因 関連するがんの種類 要因 関連するがんの種類
確実 身体活動 結腸がん 喫煙 口腔がん、咽頭がん喉頭がん、食道がん胃がん、肺がん、膵臓がん、肝臓がん、腎臓がん、尿路がん、膀胱がん、子宮頸部がん、骨髄性白血病
他人のたばこの煙 肺がん
過体重と肥満 食道(腺がん)、結腸がん、直腸がん、乳がん<閉経後>、子宮体部がん、腎臓がん
飲酒 口腔がん、咽頭がん喉頭がん、食道がん、肝臓がん、乳がん
アフラトキシン 肝臓がん
中国式塩蔵魚 咽頭がん
可能性大 野菜・果物 口腔がん、食道がん胃がん、結腸がん、直腸がん 加工肉 結腸がん、直腸がん
身体活動 乳がん 塩蔵品および食塩 胃がん
熱い飲食物 口腔がん、咽頭がん食道がん
可能性あり/データ不十分 食物繊維
大豆

N-3系脂肪酸
カロテノイド
ビタミンB2、B6葉酸、B12、C、D、E
カルシウム、亜鉛セレン非栄養性植物機能成分(例:アリウム化合物、フラボノイド、イソフラボン、リグナン)
動物性脂肪
ヘテロサイクリックアミン
多環芳香族炭化水素
ニトロソ化合物


表2b 食物関連要因とがんとの関連(まとめ)<WCRF/AICR 2007>*

関連の強さ リスクを下げるもの リスクを上げるもの
食物関連要因 関連するがんの種類 食物関連要因 関連するがんの種類
確実 運動 結腸がん 肥満 食道がん(腺癌)、大腸がん、乳がん<閉経後>、子宮体部がん、腎臓がん、膵臓がん
授乳 乳がん 内臓脂肪 大腸がん
高身長 大腸がん、乳がん<閉経後>
赤肉・加工肉 大腸がん
アルコール 口腔・咽頭喉頭がん、食道がん、大腸がん(男性)、乳がん
アフラトキシン 肝臓がん
飲料水中の砒素 肺がん
β-カロテンのサプリメント 肺がん
可能性大 肥満 乳がん<閉経前> 肥満 胆嚢がん
運動 乳がん<閉経後>、子宮体部がん 内臓脂肪 膵臓がん、乳がん<閉経後>、子宮体部がん
果物 口腔・咽頭喉頭がん、食道がん胃がん、肺がん 成人期の体重増加 乳がん<閉経後>
非でんぷん野菜 口腔・咽頭喉頭がん、食道がん胃がん 出生時過体重 乳がん<閉経前>
アリウム野菜 胃がん 高身長 膵臓がん、乳がん<閉経前>、卵巣がん
にんにく 大腸がん アルコール 肝臓がん、大腸がん(女性)
食物繊維 塩蔵食品・塩分 胃がん
牛乳 中国式塩蔵魚 咽頭がん
カルシウムのサプリメント 飲料水中の砒素 皮膚がん
食物に含まれる葉酸 膵臓がん マテ茶 食道がん
食物に含まれるカロテノイド 口腔・咽頭喉頭がん、肺がん 食事からのカルシウム 前立腺がん
食物に含まれるβーカロテン 食道がん
食物に含まれるビタミンC
食物に含まれるリコピン 前立腺がん
食物に含まれるセレン
レニウムサプリメント

国立がん研究センターがん情報サービスより抜粋

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村

広告を非表示にする