スポンサーリンク

6か月目定期検査

f:id:akayak38:20170520191716j:plain

~2015年11月13日(金)のお話~

前回の3か月定期検査より3か月後の受診となる。術後6か月目の定期検査。
検査の間隔も伸びてきました。

まず、この3か月間の様子です。

前回の時は(退院1か月~3か月後の間)、3回の腹痛(激痛レベル)がありました。
今回の3か月(退院3か月~6か月後の間)は、軽い腹痛はあったものの、あれクラスの腹痛はありませんでした。
1/3の長さになった直腸、、つながれた腸管もうまく機能してきた結果なのだろうか。

ここ最近になって変わってきたこととしては、小をわざわざ座位でする必要がなくなったこと。小は小便器で普通に用を足すことができるようになった。これは大きかったです。トイレはいちいち洋式便座に駆け込んでいたので...(空いていないときは割と恐怖でした!我慢もそれほど利かなかったので)
また、粘液(腸液?)らしきものも出なくなったことで、パンツを汚してしまうのではといった恐れもなくなり、常にスペアのパンツをどこかに忍ばせておくといったことも不必要となりました。

こんな状態まで体が回復してきたなかでの6か月目定期検査でした。

朝いちばんに採血を済ませたのち、放射線科で胸レントゲン、続いて腹部単純CT。
その後に外科外来の受診です。
先ほど撮りたての胸レントゲンと腹部CTの画像を早速先生のチェック。隅から隅まで見ている。横から一緒に画面を見るも、素人には何が何やら、、
先生「問題ないですね~。」
血液検査の結果も問題なし、と。良かった良かった!
腫瘍マーカーCEACA19-9
数値としては、CEA 1.2(正常値~5.0ng/㎖)、CA19-9 2.3(正常値~37.0U/㎖)と問題なし。

  正常値 単位 入院前 1か月 3か月 6か月
 4/6 6/19 8/14 11/13
CEA ~5.0 ng/㎖  1.0  0.8  0.8  1.2
CA19-9 ~37.0 U/㎖  2.6 <2.00 <2.00

 2.3

今回の採血・胸レントゲン・腹部単純CT・外科外来、は8,730円でした。(3割負担)

今後の定期検査

次回は半年後、術後1年目の検査。
また、その後は半年ごとに検査をやっていく計画です、と説明いただく。
定期検査は5年後まで、とりあえず3年目まではこの半年ごとのペースでやっていきます、と今後の検査計画を聞く。
つまり、半年後(1年半後、2年半後)メニューとして、
採血、胸レントゲン、腹部単純CT、外科外来(結果返し)
1年後、2年後、3年後メニューとして、
採血、胸レントゲン、腹部単純CT、胃カメラ大腸内視鏡、外科外来(結果返し)
といった定期検査メニューとなる。

次回外来は術後1年目の検査(2016年5月)。半年後の検査予約が取れないため、2016年4月8日(金)に検査予約のための外来予約を取る。

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村

広告を非表示にする