読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退院 (入院11日目・術後8日目)

f:id:akayak38:20170513130708j:plain

~2015年5月22日(金)のお話~

昨晩は睡眠薬をやめてみました。退院後の自宅での生活に向けたテストです。
睡眠薬なしでも、昨晩は8時間ほどよく眠れました。

本日はいよいよ退院!

当初は術後2~3週間と言われていたので、予定よりとても早い退院となる。
オペの際の看護師さんも個室に来られた時、もしかしたら最短記録かも?と言っていた(私のような若い年齢層の事例が少ないからと推測)。でも、腹腔鏡手術で確かに外側の傷の回復は早いけど、腸管を切っていることは変わらないので、くれぐれも無理をしないで自宅で安静にして過ごしてくださいと助言いただいた。
退院後の服薬は入院中もずっと飲んでいた、ツムラ大健中湯エキス顆粒(医療用)と痛み止めのアトミフェン錠200。毎食後1日3回。これを引き続きなくなるまで飲んでくださいという感じ。あと3日分くらいある。

退院の日は忙しい。
何せ10時までにチェックアウト!

もはや慣れて愛着さえ出始めている個室にある私物を片付け、忘れ物がないかをチェック。ロッカー、棚、引き出し、金庫、冷蔵庫、ベッドの布団の中、トイレ、洗面台、コンセントなどなど。
そして腕についていたネームバンドも、、なんか寂しいが、、とる。

請求書の紙を受け取り、個室を後にする。
あまりお会いできなかったが、見かけた看護師の方々にあいさつ。先生方は当然会えず。本当にお世話になりました。
次回の外来受診は1週間後。

会計で支払いを済ませ、タクシーで家に帰る。
とても晴れて気持ちの良い日。
長い11日間だった。ようやく、外の世界に戻ってこれた。
それにしても、普通の生活はすばらしい。
普通ってなんとすばらしい。

今回の入院での金額

手術・入院 1,480,090円(自己負担額 92,231円)
食事 12,560円(自己負担額 4,940円)
保険外負担(個室)34,020円

自己負担額 131,191円

なお、入院前に事前に、健康保険の「限度額適用認定証」の交付を受けていたため、自己負担限度額区分ウが適用となっています。
 区分ウ 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

高額療養費制度がなければ3割負担で48万円程かかっていたということか。ありがたや、ありがたや。
上記は会計時の支払いで、今回の入院でほかにかかったものとして、行き帰りのタクシー代、入院初日に購入した手術用の腹部セット(腹帯2枚とディスポバンツ)と手術前日の大腸内視鏡用のディスポパンツ、ポカリ6本ほど、といった感じです。

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村